建物リスク管理とCRE戦略

耐震性評価は年々厳しくなっている

──いまCREの観点でトピックスになっているのは耐震関係です。特にPML(予想最大損失率)評価が厳しくなってきています。

 特に外資系ファンドの投資家の目が厳しくなっています。東日本大震災の経験や、首都直下型地震への不安が背景にあるようです。耐震性評価では、構造計算書のレビュー依頼も増えました。かつては一部の物件だけだったのですが、最近は建物診断と必ずセットになってやるようになりました。ホテルや旅館、一部の商業施設は、2015年12月末までに耐震診断を終了するように義務づけられましたので、それに合わせた駆け込み需要も増えています。
 耐震診断は図面さえ揃っていれば、通常4ヶ月で終わりますが、これがない場合は、実際にコンクリートに穴を開けたり、非破壊検査などをして構造図をもう一度作り直さなければならないことがあります。また補助金交付を受けての耐震診断の場合は、評定委員会の審査にさらに時間がかかりますから、最低でも半年という場合もあります。
 地震がいつ発生するのかについては人智の及ばないことですが、それに備えて耐震診断をいつ始め、いつ終えるかは十分スケジューリングできる仕事です。いざ地震が発生したらその後の建設コストは急騰するはず。その前に、自分たちでゴールを設定しながら対策に取り組むことが重要になります。

──今後の建物リスク診断はどういう方向性に進みますか。

 昨今は水害も深刻化しています。こうした状況変化を柔軟に取り入れ、診断項目を時代とともに変化させていくことが大切です。
 不動産売買にかかわる遵法性の意識は以前に比べるとはるかに高くなっています。かつては耐震補強を将来やりますと行って見積もりを出すだけで金融機関から融資を受けることが可能なケースもありましたが、今ではそれは許されない。消火器一つとっても、設置したことの証明写真が書類に添付されていないと、融資話が先に進まないこともよくあります。リスク診断の厳格化はさらに進むと思います。

不動産リスクの専門家との協業が欠かせない

──企業のCRE担当者は、いま何から準備をするべきか、アドバイスをいただけますか。

 最初に申し上げましたが、まずは建築関係の資料や図面などの情報整理から手をつけていただきたいと思います。そのためにも、建築設計事務所、CRE戦略やリスクマネジメントのコンサルタントなどプロフェッショナルを味方につけることが大切です。建築関係では専門的な知識がないとその重要性すら判断できない資料がたくさんあります。これらの整備状況を確認してデータベースを作成したり、物件ごとに優先順位をつけて耐震診断に取り組んだりするためには、やはりプロの力が必要です。
 企業が法令を遵守することはもちろん大切ですが、たんに法律を守ってさえいればいいというのではなく、これからは従業員や地域の安全安心を担保するという、より高いレベルに立ってリスクマネジメントを行っていくことが重要だと思います。実際、東日本大震災をきっかけに、耐震性のある自社ビルをさらに建物の揺れが少ない制震構造に補強した経営者がいました。ビルが倒潰しない以上に、建物内の従業員の安全を考えた結果だと聞いています。こうした先進的な取り組みが徐々に広がっていくといいと思います。アスベストやPCBなどの環境汚染問題についても、こうした取り組みは必要になっています。

──CRE戦略の中に、そうしたリスクマネジメントの観点がもっと加わるべきだと私たちも考えています。CRE情報の一元化を進めるにあたっては、私たち三菱地所リアルエステートサービスもソリューションを提供しています。建物リスク調査という点でも、今後、御社との協業機会が増えていくと思います。本日はありがとうございました。

Profile

東京海上日動リスクコンサルティング
不動産デューデリジェンス本部 本部長

渡部 弘之

早稲田大学理工学研究科卒業。1989年東京海上火災保険入社。企業向けのリスクマネジメント部門での地震や風水害リスクに関わるリスク評価モデルの開発。土壌汚染保険商品の開発等を経て、2005年より現職にて不動産証券化に関わるリスク評価業務を立ち上げる。これまでのREIT(不動産投資信託)向け等のエンジニアリングレポートなどの実績は10,000件を越える。

わたしたちは、CRE戦略のプロとして移転・拠点統廃合をサポートします。 現状課題の可視化・戦略立案からアフターフォローまでおまかせください。

バックナンバー

  1. vol.28
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2020-2021・レポート
    この時代だから
    見えてくる
    成長戦略とは
  2. vol.27
    コロナ禍は企業に何をもたらすか
    事業転換を模索し筋肉質に生まれ変わる
    (土橋 道章氏)
  3. vol.26
    未曾有のパンデミックで見えた
    新たな危機管理
    企業経営にとって対処すべき課題とリスク
    (佐山 展生氏)
  4. vol.25
    これからの不動産戦略に
    欠かすことのできないESG
    (堀江 隆一氏)
  5. vol.24
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2019-2020・レポート
    躍進か衰退か
    企業の成長力を考える
    今後求められる企業経営と不動産戦略
  6. vol.23
    「好き嫌い」から始める競争戦略
    成熟社会における企業価値とは何か
    (楠木 建氏)
  7. vol.22
    これからの成長戦略に向けた
    企業の体質改善
    (大工舎 宏氏)
  8. vol.21
    経営者視点で見る令和時代のM&A
    (岩口 敏史氏)
  9. vol.20
    新時代の事業承継
    進化のための受け継ぎ方
    (田中 歩氏)
  10. vol.19
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2018-2019・レポート
    今からの企業競争力を問う
    拠点機能の変化と不動産戦略
  11. vol.18
    モノからコトへ
    消費行動が変化するなか
    企業価値と不動産はどうあるべきか
    (ロバート・フェルドマン氏)
  12. vol.17
    新世代型都市開発と
    これからの企業オフィス戦略
    (谷澤 淳一氏)
  13. vol.16
    クリエイティブオフィス戦略で
    新たなイノベーションを
    働き方改革を「場」の視点から再構築
    創造性を促すワークプレイスのススメ
    (百嶋 徹氏)
  14. vol.15
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2017-2018・レポート
    2018年成長する企業の資質とは。
    企業体力強化に備える不動産戦略のポイント。
  15. vol.14
    変革の時代に日本企業の強みを生かす
    CRE戦略を通した「稼ぐ力」の向上
    今後10年の企業ビジョンとCRE戦略の重要性
    (冨山 和彦氏)
  16. vol.13
    企業価値向上のカギを握る
    CREプロフェッショナルの社内育成
    社内外の専門家のネットワークを最大限に活用する
    (村木 信爾氏)
  17. vol.12
    企業価値を高める
    CRE戦略の一環としての
    ワークプレイス改革
    (齋藤 敦子氏)
  18. vol.11
    中堅中小企業が今取り組むべきCRE戦略とは
    不動産の棚卸しから、
    事業継続、相続・承継問題まで
    (平川 茂氏)
  19. vol.10
    リノベーションによる耐震、省エネ、環境保全で
    企業価値の向上
    求められる多様なニーズに対応した
    オフィスビルのリノベーション
    (河向 昭氏)
  20. vol.09
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス・レポート
    クラウド化がもたらした加速する社会基盤。
    今の企業価値を考える。
  21. vol.08
    企業価値向上のカギとなる
    クラウド導入で進めるシステム改革
    顧客のビジネス価値を高める企業姿勢
    (保科 実氏)
  22. vol.07
    クラウドを利用した動産管理と企業価値の向上
    「e-Leasing」と「CRE@M」が目指すもの
    (長谷川 善貴氏)
  23. vol.06
    環境保全しながら
    経済合理性のある土地活用を
    (西村 実氏)
  24. vol.05
    不動産を流動化させて経営の劇的な改善を
    バイアウト投資市場からみた企業のCRE戦略
    (南黒沢 晃氏)
  25. vol.04
    現在において考えるべき
    リスクマネジメントとCRE戦略
    (渡部 弘之氏)
  26. vol.03
    企業の成長に欠かせないM&A戦略。
    CRE(企業不動産)の位置づけが重要に
    (大山 敬義氏)
  27. vol.02
    未来に向けたCRE戦略
    外部の専門企業との連携が鍵に
    (百嶋 徹氏)
  28. vol.01
    不動産市況が好転した今年こそ
    CRE戦略再スタートの元年に
    (土岐 好隆氏)