• 不動産一元管理システム
  • サポート
  • クラウド活用のメリット
  • 導入フロー
  • サポート
  • 活用ケース

cre@m不動産一元管理システム

不動産管理機能

散在する不動産情報を一元管理し
効率的なCRE戦略へとつなげます。

これまでは担当者や物件ごとに点在していた不動産関連情報を「CRE@M」のデータベースに登録することで、体系的に整理することができます。項目ごとにデータを抽出し、ポートフォリオ分析やレポート作成にも対応します。

不動産基本情報

地図と連動した不動産基本情報の管理

所在地・面積・写真・都市計画といった「不動産基本情報」を「CRE@M」に登録し、項目ごとに体系立てた管理が可能です。地図機能はグーグル・マップと連動しており、不動産の位置情報を視覚的に把握できます。

主な項目
主な項目
地図と連動した不動産基本情報の管理
地図と連動した不動産基本情報の管理

賃貸借契約情報

テナント名・賃料・契約期間などの賃貸借契約情報を不動産ごとにまとめて登録し、管理をサポートします。また、アラート機能により契約の更新漏れなどのリスクを未然に防ぐことができます。

賃貸借契約情報・賃貸借契約(アラートリスト)
賃貸借契約情報・賃貸借契約(アラートリスト)

物件カレンダー

ホーム画面にある物件カレンダーは、物件ごとの賃貸借契約情報やトピックス機能、工事予定と連動してわかりやすく色分け表示されます。また物件ごとのイベント一覧や、物件詳細ページへの遷移もできます。

物件カレンダー
物件カレンダー

電子書庫

紙ベースでは膨大な量となる謄本・公図・建物図面・賃貸借契約書などの資料を電子化し、体系的に整理。必要な資料を即座に閲覧可能です。PDF、Word、Excelなど、ファイルの種類を問いません。

物件書庫
物件書庫

ユーザーサポート機能

物件の一括登録機能やレポート機能、アクセス権の設定機能など、
「CRE@M」の便利な機能をご紹介します。

物件の一括登録機能

「CRE@M」に装備された機能を利用して物件情報などを一括して登録することができます。

物件の一括登録機能
物件の一括登録機能

レポート機能

「CRE@M」から必要な項目を抽出し、各社のニーズに対応したレポートが作成できます。また、作成したレポートはExcelなどに出力できます。

レポート機能
レポート機能

ユーザごとの権限設定機能

ユーザごとに、情報へのアクセス権を設定できます。たとえば、部門ごとにアクセスできる情報への範囲を限定したり、社外のプロジェクトメンバーには非公開の項目を設定できるので、部門や関連会社をまたいで展開する際に有効です。

アクセス権限の設定イメージ
アクセス権限の設定イメージ

導入していただいた
お客様による
活用ケースをご紹介します。

拠点統廃合のための不動産情報整理をスピーディーに実現。複数の生産工場・倉庫を有する食品メーカー様
全国に散在するタイプの違うアセットを一元管理。事業を全国展開する医療法人様
関東を中心に輸送拠点を置く運送業者様

既に「CRE@M」を導入されているお客様には
専用のコールセンターをご用意しております。

電話 03-3510-3108 受付時間 平日9:30~18:00
メール cre@mecyes.co.jp ※メールでのお問い合わせの場合、回答は翌営業日以内とさせていただきます。
電話 03-3510-3108 受付時間 平日9:30~18:00
メール cre@mecyes.co.jp ※メールでのお問い合わせの場合、回答は翌営業日以内とさせていただきます。
トップ > 不動産一元管理システム(CRE@M) > 不動産管理機能