• スペシャリストの智
  • リアルな現場
  • The Watch
  • オフィスジャーナル
  • 不動産の税金ガイドブック
  • APPRAISAL NEWS
  • 空室率レポート

不動産関連の話題を含めた最新トレンドを、独自の視点で幅広くお届け。
常に変化する“今”を、様々な視点からアプローチすることで知識や知見のさらなる拡大にお役立ていただけます。

2018.06.22

2018年度税制改正における企業への優遇策とは……「事業承継税制」の特例はどう変わる?

2018年3月28日に「平成30年度税制改正法案」が可決・成立した。改正項目は多岐にわたるが、今回はその中でも中小企業への…

2018.06.15

自社ビルか賃貸か、企業の動向とそれぞれのメリット・デメリットとは

立派な自社ビルを一等地に置いていると、その企業の信頼度は高くなるため、大手企業、なかでも特に老舗企業では丸の内や銀座に自社…

2018.06.07

快適で成果も上がる「オフィス移転」他社事例に学ぶ「会議室のあり方」とは?

業務報告や情報共有の場として企業では欠かすことのできない会議。業績が好調に推移し、事業規模が拡大していくと、社内での意思決…

2018.05.16

富裕層に人気なのは仮想通貨ではなくアンティークコイン?

「仮想通貨」はブロックチェーンをはじめとするITの技術的な進歩によって生み出され、近年、特に日本国内において取引が盛んとな…

2018.05.10

ITベンチャーのスタートアップの新たなフィールド、大手町がイノベーションの実証の場になる

大手町エリアが新たなスタートアップ拠点としてITベンチャーのプレーヤーを惹きつけている。キーワードは、金融とテクノロジーの…

2018.04.06

世界で急拡大する「ESG投資」 日本のオフィスビルに与える影響とは

2017年6月、アメリカのトランプ大統領がパリ協定からの離脱を宣言したのは記憶に新しいが、国内外の多くの政治家のみならず、…

2018.03.29

120年ぶりの民法改正で賃貸借契約はどう変わる?

2017年5月、「民法の一部を改正する法律」が成立した。その内容は賃貸借にかかわる事業者にとって影響を受ける部分もある。実…

2018.03.22

イーロン・マスクが火星移住計画に数千万ドルを投資 「地球外不動産業」時代がもうすぐ到来!?

1969年7月20日に米国の宇宙飛行士ニール・アームストロング氏が月面に降り立ってから、もうすぐ50年が経とうとしている。…

2018.03.13

「空き家を放置していてはいけない」空き家の売却・処分を急ぐ人が増えている理由

総務省が発表した「平成25年住宅・土地統計調査」で、空き家が全国で約820万戸にのぼることが判明するなど、空き家問題が深刻…

2018.03.09

受付、会議室、執務室をどこに置くか ゾーニングから考える働きやすいオフィス

働きやすく快適。活発なコミュニケーションが生まれる。来訪者が多くともしっかり情報資産を守ることができる。こうしたオフィスを…

2018.03.01

なぜ米国では住宅が何十年、百年と住み続けられるのか? 日米「中古住宅」管理の違い

ウォーレン・バフェット氏といえば、世界的に知られた投資家だ。会長兼CEOを務める米国バークシャー・ハサウェイ社の株価は、S…

2018.02.22

世界の「王室」資産事情 アジアに多いリッチな国王、英国より豊かな欧州の王族とは?

英国エリザベス女王が個人資産をタックスヘイブンへ投資していたことが明らかとなり、話題を呼んでいる。 世界には27の王室が…

2018.02.13

東京再開発 「新駅」の経済効果や不動産への影響は?

2020年、「東京2020オリンピック・パラリンピック」に合わせてJR山手線と京浜東北線の品川―田町駅間に新駅「品川新駅(…

2018.02.08

オフィスの再構築!拠点・フロアを統合するメリットとは?

都心のオフィス市場が好調だ。当社独自の調査による東京主要7区のオフィス空室率は、2017年11月時点で2.98%となってお…

2018.02.01

世界のセレブリティが注目 「ホノルル・レール・トランジット」開通で沸くハワイの不動産

南の島は星の数ほどあれども、「ハワイ」という地ほど日本人に愛された島は他にないだろう。温暖な気候、美しい自然美、建ち並ぶ洒…