• 不動産売買
  • 賃貸オフィス
  • 賃貸マンション
  • 駐車場運用
  • CRE戦略
  • 企業再生・M&A
  • 不動産投資
  • 相続・事業承継
  • 不動産鑑定評価

不動産売買について

当社がご提供する、不動産の売却・購入サポート。法人や個人資産家の方を中心とした不動産オーナー様の売買目的・ご要望をお聞きしたうえで、市場動向や不動産のポテンシャルを分析し最適なソリューションへと導きます。


不動産の売却・購入サポート業務


お客さまの事業戦略・目的にマッチした
不動産の売買から活用までをサポートします。

メーカーやサービス業、流通業、小売・卸売業、個人資産家やプロの投資家の方まで、あらゆる業種・業態のお客さまに対して不動産の売却・購入をお手伝いしています。まずは、お客さまの売買目的や背景をていねいにヒアリングさせていただき、潜在的なニーズを明確化いたします。そのうえで、マーケット動向をふまえながら最適なプランをご提案し、実行することで、収益の拡大に確実に結びつけます。たとえば、それまで賃借していた複数のオフィスビルを解約し、土地購入・自社ビル建設によって拠点を集約。トータルコストの削減と、社員間のコミュニケーション強化に役立ったというケースです。この他、老朽化した賃貸ビルのリスクを回避するために、売却してその資金で耐震マンションを購入するなどのケースもあります。売却の場合は不動産査定から売却シミュレーション、購入の場合は適切な物件情報収集から購入シミュレーション、そして契約手続き完了、その後の運用の仕方までをトータルにサポート。遊休地を売却して賃貸ビルを建設し、投資用物件として活用するなどの総合的なプランのご提案も可能です。

不動産の売却・購入を通したソリューション


サービスポイント


Point01

不動産についての抽象的なお悩みでもプロのヒアリングで明確化し、適切な解決策に導いていきます。

どんなに些細なお悩みでも、まずは一度ご相談ください。プロのスタッフが対応し、ヒアリングから始めて抽象的な問題を明確化し、適切な解決策をご提供いたします。現状の保有不動産のわずかな情報でもお教えいただければ、きめ細やかな対応をいたしますので、どうぞお声がけください。


Point02

永年培ってきたノウハウと幅広い業種・業態の中から、最適なソリューションをご提案いたします。

多くの案件を手がけてきた実績のあるスタッフが、業種・業態、不動産環境をすべて加味したうえで、幅広く豊かなバリエーションを持った解決策の中から、お客さまにとって最適なものを選び抜き、ご提案いたします。


Point03

事前に密接なお打ち合わせのうえでワークフローを作成し、ご安心とご納得いただける進行をお約束いたします。

企業経営を左右するお取引は、安心して進めたいものです。私たちは、多岐にわたるシミュレーションのもと、安心で確実なワークフローを作成し、お客さまにご納得いただいたうえで進行してまいります。


Point04

全国に拡がる支店ネットワークで、散在する不動産も一手に引き受けることが可能です。

地方に散在する不動産にも、全国に張り巡らされた支店ネットワークを駆使して専門スタッフが迅速にご対応いたします。また、三菱地所グループの幅広い総合力を活用し、企業不動産戦略における多角的なソリューションのご提案も可能です。




不動産売却仲介におけるソリューションの一例をご紹介します


『狭小地の売却手法』

一般法人様(婦人服卸業)からのご相談

衣料品業界の構造変化により周辺間屋街が哀退し、それに伴い、金融機関への弁済が滞り売却を希望。しかし、相談者の所有地は狭小地のため、単体での売却が難しい状況であった。

不動産の最有効使用の分析(資産のデューデリジェンス)を行い、収益力、市場価値、個別要因、流動性、今後のマーケットにおける競争力などを調査しました。所有地は隣接した土地に空ビルがあったことから、同時売却を提案。さらにもう一方の隣接した土地に対しても同様の提案を行い、両隣接地を同時に売却することでオフィスビル用地に適した面積を確保し、オフィスビル開発業者への売却が可能に。その結果、単体売却に比べ、売却価格が約1.5倍となり、ご相談者は金融機関へ満額弁済を行うことに成功しました。



『エリア優位性を生かした売却手法』

一般法人様(地主様の資産管理会社)からのご相談

都内商業地に築古のオフィスビルを売却し、都内の安定した収益が見込める築浅オフィスビルへの買替えをご希望。

路地裏にあり、土地の形状が悪いというデメリットはあるものの、店舗出店ニーズが強い商業立地という特性を活かし、オフィス利用から店舗利用へ変更することでのバリューアップをご提案しました。 店舗運営会社様と連携のうえ、既存テナントについても移転先を確保し、目標金額以上で投資家様への売却に成功。 より好条件での買替えが実現しました。




『低稼働ビルの売却手法』

一般法人様(文具メーカー)からのご相談

債務返済のために本物件を担保とした、融資による資金調達を計画したが、所有していたのは空室が目立つ老朽化した旧耐震ビルで、メンテナンスに多額の費用を要する状況であったこと、さらに、建物の遵法性の目安ともなる検査済証もなかったため、担保評価も厳しく、融資による資金調達が困難であった。

融資の利用が難しく、また投資用不動産としてみると市場流通性が乏しいことが分かりました。しかし、立地が良く容積率が高かったため、より好条件で売却可能なマンション用地への転用が最適と判断。 そこで、当社の既存取引先である弁護士と協働し、賃借人の合意解約に至りました。当社は賃借人(3戸)の移転先を確保して所有者の補助業務を行い、その結果、マンション用地として売却することに成功しました。



不動産売却サポートのワークフロー

不動産売却サポートのワークフロー



不動産購入仲介におけるソリューションの一例をご紹介します


『投資用不動産で収益の下支えをしたい』

一般法人様(印刷業)からのご相談

本業の業績が伸び悩んでおり、安定した投資用不動産の購入をご希望。しかし、具体的な物件のイメージをお持ちではなかった。

ご相談を受けて、タイプの異なる複数の物件をご提案。よりお客さまのニーズに沿ったご提案とソリューションの提供を行いました。

物件①「都心型マンション」
築浅で手間がかからず、資産価値が落ちにくい特徴を持つが、一方で利回りの良さに欠ける物件。
物件②「郊外型アパート」
安定した収益を見込め、利回りもよいが、築年数が古く、修繕などの手間もかかるため、将来的に資産価値が落ちる可能性がある物件
物件③「ロードサイド型店舗」
集客力のあるテナントが入っており、利回りもよいが、郊外に位置し、さらに入るテナントによって安定性を左右されるため、今後の見通しに関しては不確実。

以上、3つのご提案を行ったところ、提案①の都心型マンションをご購入いただきました。副業ゆえに手間をかけたくなく、また、大きな利回りよりも安定性のある物件を選びたい、という理由からでした。




『多種多様な保有不動産の整理がつかず困っている』

一般法人様(アパレルブランド)からのご相談

首都圏をはじめとして、地方にもマンション、オフィスビル、店舗などの投資用不動産や駐車場、別荘などを保有しており、整理がつかずに困っている。

保有資産のデューデリジェンスを実施し、資産形成の助言およびキャッシュフロー(収益性)の分析を実施。保有し続けるもの、売却するものを分別しました。 地方オフィス、別荘地、違反建築物など、市場流通性が低い不動産に付いても、三菱地所リアルエステートサービスが展開する全国ネットワークと物件に適したノウハウを活用して売却し、より好条件な物件への買い替えを実現しました。



不動産購入サポートのワークフロー

不動産購入サポートのワークフロー







トップ > 不動産売買