三菱地所リアルエステートサービス株式会社

RECRUIT 2021

ENTRY MY PAGE マイナビ2021
Branch Office

支店紹介

Branch Office Theme

7つの支店のそれぞれの魅力

三菱地所リアルエステートサービスの活動の場は全国に広がっています。各地域において当社の事業を支えるのは、それぞれ特長を持った7つの支店。ここでは、各支店の雰囲気やエリア特性、支店ならではの仕事のおもしろさ、働き心地などをざっくばらんにご紹介します。

Branch Office 01

札幌支店

(大島 侑希/2016年入社)

Point 01 2駅の地下通路に直結

札幌支店があるのは、北海道の公共交通の拠点となる札幌駅と大通駅との中間。地下歩行空間と入居ビルが直結しているため、どちらの駅からも地上に出ることなく出社できるという便利な立地です。周辺にはオフィスや商業施設が集まり、イベントも多いにぎやかな街です。

Point 02 グループ各社が身近に

当社だけでなく、三菱地所グループ他社も同じビルに入居しているため、距離感が近く、相談しやすい関係にあります。内線をかけて「今から打ち合わせしましょう」ということもしばしば。三菱地所グループや、北海道の三菱系列企業での懇親会が年に数回あり、交流が盛んです。

Point 03 リテールも多く手がける

札幌エリアには、住宅の流通を手がける三菱地所グループ他社の支店がなく、当社で個人向け仲介を取り扱っています。そのため、受託からクロージングまでの業務を一人で担当することが多く、若手のうちから豊富な経験を積むことができます。

Branch Office 02

東北支店

(勝又 浩/支店長/1991年入社)

Point 01 三菱地所ブランドが強い

長い歴史を持つ泉パークタウン開発事業により、三菱地所ブランドが地元に根付いているのが東北エリア。そのため、グループ会社に対してもお客様の信頼が厚く、仕事をしやすいのが東北支店の特徴です。主に金融機関からご紹介を受けたお客様に対し、不動産コンサルティングを展開しています。

Point 02 アットホームな雰囲気

若手からベテランまで幅広い年齢層のメンバーが揃う社内はアットホームな雰囲気で、仕事中もよく冗談が飛び交います。不定期で社員旅行も開催。また、三菱地所グループ各社との結束が強く、懇親会やスポーツイベントなどが頻繁に行われています。

Point 03 恵まれたオフィスの立地

事務所へは仙台駅からも徒歩圏で、地下鉄東西線「青葉通一番町」駅から徒歩1分という好立地。ケヤキ並木が美しい青葉通りに面し、周辺は金融機関やオフィスビルが立ち並ぶビジネス街です。地元で古くから親しまれてきた「文化横丁」「壱弐参(いろは)横丁」にも隣接しています。

Branch Office 03

横浜支店

(新海 耕平/課長/2001年入社)

Point 01 横浜ランドマークタワーに入居

地域のシンボル・横浜ランドマークタワー内に位置するのが横浜支店。「ランドマークタワーにある会社」ということで、お客様から良い第一印象や信頼感を持っていただくことも。みなとみらい地区は三菱地所グループが開発を手がけたエリアであり、当社以外にも三菱地所グループ各社の支店が集結します。

Point 02 コミュニケーションが密

15名と少人数のため、ベテランから若手まで隔てなくコミュニケーションをとれる環境です。情報共有もスムーズで、お互いにフォローし合う風土があります。支店内のボーリング大会、フットサル大会、ゴルフ、野毛(飲み屋エリア)の夜散策などをしばしば開催。

Point 03 年末にはグループ大忘年会

年末には三菱地所グループ横浜エリア大忘年会が開催され、300名近いグループ社員が一堂に会し、親睦を深めます。各社の若手社員が事務局となって主催・運営しており、支店配属の若手同士が会社を超えた同期との密なつながりをつくる貴重な機会となっています。

Branch Office 04

名古屋支店

(永井 達也/2015年入社)

Point 01 工場・倉庫ニーズの強さ

名古屋含め、東海三県をカバーするのが名古屋支店。製造品の出荷額が日本一という愛知県の土地柄から、メーカーの工場・倉庫の用地取得ニーズが強いエリアです。それだけに法律関係が複雑で、取引に時間がかかる難易度の高い案件も多く、そこに対応できるのが当社の強みとなっています。

Point 02 再開発で高まる将来性

本社ではお付き合いのない企業が東海エリアでは相当数の不動産を所有しているというケースもあり、当社にとってシェア拡大の可能性が大きい地域です。また、名古屋駅周辺や栄エリアの再開発に伴って、県外の資本も次々と入ってきており、将来性を感じながら働くことができます。

Point 03 少人数だけにチャンス大

少人数のため、スピードが求められる仕事には皆で取り組む意識が根付いています。また、若手でも自分が主体となって案件を取り扱い、クロージングまで経験できるチャンスも。三大都市圏のひとつとして、メーカーや商社、デベロッパー、投資家などさまざまな顧客との取引を行うことができます。

Branch Office 05

関西支店

(坂田 卓也/2018年入社)

Point 01 賑やかでパワフルな職場

大阪アメニティパーク(OAP)タワー6Fに存する関西支店は、とにかく賑やかでパワフルな雰囲気が特徴です。約70名の事務所とは思えないほど活気があり、「仕事にもプライベートにも全力で向き合い、楽しさやおもしろさを味わい尽くす貪欲さ」を多くの社員が共通して持っています。

Point 02 早い年次から経験を積める

本社と同様に、売買仲介・賃貸・不動産鑑定といった事業を手がけますが、本社では法人所有の事業用・投資用不動産の扱いが多いのに対し、関西支店では戸建て1戸や区分所有マンション1室なども積極的に扱います。案件の数が比較的多いため、若い年次から多くの経験を積むことができます。

Point 03 社員同士の仲の良さが魅力

仕事上の付き合いだけでなく、プライベートでも一緒に出かけたり、スポーツをしたりなど社員同士の仲の良さが関西支店の魅力です。部署ごと・課ごとの飲み会や支店長との懇親会、支店全体での忘年会なども積極的に開催。何かあれば相談・質問しやすい雰囲気が常にあります。

Branch Office 06

中国支店

(広瀬 健太郎/2016年入社/キャリア入社)

Point 01 中四国9県を広くカバー

広島を中心とした中四国9県で、主に法人のお客様への事業用不動産や投資用不動産の売買仲介に取り組んでいます。土地、建物、収益不動産、物流倉庫や工場など、取り扱うアセットは多岐にわたり、価格や規模もさまざまですが、高価格取引や大規模取引を行うチャンスも多くあります。

Point 02 風通しの良さが特長

計8名の中国支店は、非常にアットホームで風通しのよい恵まれた環境。少人数だけに、意見交換やアイデア提案、問題提起などのディスカッションは日々迅速です。個人の意見や発言も大切にされ、全体の決定に大きな影響を与えることができます。

Point 03 グループ7社が集積

事務所が存するのは、広島電鉄「中電前」駅から徒歩2分、広島市役所も近いオフィス街。同じビル内には当社を含めて三菱地所グループ7社が集積されていて、グループ間のつながりが強いのが特徴です。各社の協業案件もしばしばあり、年に数回は全体交流会などのイベントも開催されています。

Branch Office 07

九州支店

(石川 雅也/2009年入社)

Point 01 九州各県で事業を展開

福岡市の中心・天神エリアにある九州支店。九州全県を活動エリアとしているため、営業担当は他県へも日常的に足を運びます。とはいえ、博多から鹿児島までも新幹線で最短1時間17分と出張も至便。各都市それぞれの特色や都市計画を把握した上で、最適な不動産ソリューションの提案に努めます。

Point 02 地域の発展を肌で感じられる

人口が年々増えている福岡市では、現在いたるところで再開発事業が進んでいます。大型商業施設の開業、アウトレットの成長、地下鉄延伸、空港拡張、インバウンド効果によるホテル建設ラッシュなど、地域が活性化していく姿をまさにその中心で見ながら働くことができます。

Point 03 職住近接で快適に通勤

九州支店は職住近接という言葉がふさわしく、メンバーのほとんどが事務所から2、3駅以内に住んでいます。満員電車になることもなく通勤は快適。また、最近オフィスのレイアウト変更を行ってフリーアドレスになり、社員間の意見交換やコミュニケーションがいっそう深まりました。

※取材は2018年11月時点の内容です。