スペシャリストの智 CREカンファレンス2017-2018・レポート 2018年成長する企業の資質とは。企業体力強化に備える不動産戦略のポイント。

閉会挨拶 CRE戦略を通した企業の体力強化のサポートを 三菱地所リアルエステートサービス副社長執行役員 原 一史

 私たちは、CREカンファレンスの開催を世界の中で日本の企業が進むべき道筋、発展する術を考える機会にしていきたいとかねがね考えてきました。今回の竹中平蔵氏が示された、刻々と変化する経済情勢の中での成長企業の条件、村木信爾氏からの経営側が備えるべき CRE戦略の提案など、2018年のみなさまのCREビジネスをより素晴らしいものにするためのヒントはありましたでしょうか。
 「スペシャリストの智vol.14」の中で、経営創業基盤代表の冨山和彦氏はこう述べています。()「グローバル化のなかでモデル転換を迫られている今、その変化に果敢に取り組むのはリーダーの仕事。日本企業の現場の力やチームワークで仕事をきっちりこなす力はいまだ世界一のレベルにある。さらに経営者がしっかりすれば、日本の未来はけっして暗くはない」と。
 市場はますます多様化し、企業もオープンイノベーションなどの新しい課題に取り組まなければなりません。そのためにも、より高度なCRE戦略を通して企業の体力を強化することは重要です。私たちも総合不動産ソリューションベンダーとしてみなさまへのサポートをお約束します。ご来場の皆様とまた時間と情報を共有できることを心待ちにしております。 次回の CRE カンファレンスもぜひご期待ください。

三菱地所リアルエステートサービス 原 一史

( 注 )冨山和彦氏に登壇いただいたスペシャリストの智vol.14は、こちらからお読みいただけます。
vol.14 変革の時代に日本企業の強みを生かす CRE戦略を通した「稼ぐ力」の向上 >

Profile

慶應義塾大学 名誉教授/
東洋大学 教授

竹中 平蔵

1951年生まれ。博士(経済学)。一橋大学卒業。ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを経て2001年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、総務大臣などを歴任。現在、公益社団法人日本経済研究センター研究顧問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。

明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科特任教授/
大和不動産鑑定 エグゼクティブフェロー

村木 信爾

1981年京都大学法学部卒業後、住友信託銀行(現三井住友信託銀行)入社。不動産部門各部、シンガポール支店、住信基礎研究所出向などを経て、2008年から大和不動産鑑定(株)にて不動産鑑定、不動産コンサルティング業務に携わる。また、明治大学ビジネススクール特任教授として、CREマネジメント、プロパティマネジメント、不動産プロフェッショナルサービス論、不動産価値分析論などを講じる。米国ワシントン大学ビジネススクールMBA、不動産鑑定士、不動産カウンセラー、FRICS。著書に『ヘルスケア施設の事業・財務・不動産評価』(共編著、同文舘出版)、『ホテル・商業施設・物流施設の鑑定評価』(編著、住宅新報社)などがある。

三菱地所リアルエステートサービス
企業不動産一部長

前田 茂充

1968年生まれ。一橋大学卒業。92年リクルート入社。2001年起業、不動産コンサルティング会社を経て、07年三菱地所リアルエステートサービス入社。CRE戦略立案及び実行支援業務に携わる。顧客視点のコンサルティングを旨とし、CREにおける課題抽出から実行に至る工程を着実に推進。

バックナンバー

  1. vol.28
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2020-2021・レポート
    この時代だから
    見えてくる
    成長戦略とは
  2. vol.27
    コロナ禍は企業に何をもたらすか
    事業転換を模索し筋肉質に生まれ変わる
    (土橋 道章氏)
  3. vol.26
    未曾有のパンデミックで見えた
    新たな危機管理
    企業経営にとって対処すべき課題とリスク
    (佐山 展生氏)
  4. vol.25
    これからの不動産戦略に
    欠かすことのできないESG
    (堀江 隆一氏)
  5. vol.24
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2019-2020・レポート
    躍進か衰退か
    企業の成長力を考える
    今後求められる企業経営と不動産戦略
  6. vol.23
    「好き嫌い」から始める競争戦略
    成熟社会における企業価値とは何か
    (楠木 建氏)
  7. vol.22
    これからの成長戦略に向けた
    企業の体質改善
    (大工舎 宏氏)
  8. vol.21
    経営者視点で見る令和時代のM&A
    (岩口 敏史氏)
  9. vol.20
    新時代の事業承継
    進化のための受け継ぎ方
    (田中 歩氏)
  10. vol.19
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2018-2019・レポート
    今からの企業競争力を問う
    拠点機能の変化と不動産戦略
  11. vol.18
    モノからコトへ
    消費行動が変化するなか
    企業価値と不動産はどうあるべきか
    (ロバート・フェルドマン氏)
  12. vol.17
    新世代型都市開発と
    これからの企業オフィス戦略
    (谷澤 淳一氏)
  13. vol.16
    クリエイティブオフィス戦略で
    新たなイノベーションを
    働き方改革を「場」の視点から再構築
    創造性を促すワークプレイスのススメ
    (百嶋 徹氏)
  14. vol.15
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2017-2018・レポート
    2018年成長する企業の資質とは。
    企業体力強化に備える不動産戦略のポイント。
  15. vol.14
    変革の時代に日本企業の強みを生かす
    CRE戦略を通した「稼ぐ力」の向上
    今後10年の企業ビジョンとCRE戦略の重要性
    (冨山 和彦氏)
  16. vol.13
    企業価値向上のカギを握る
    CREプロフェッショナルの社内育成
    社内外の専門家のネットワークを最大限に活用する
    (村木 信爾氏)
  17. vol.12
    企業価値を高める
    CRE戦略の一環としての
    ワークプレイス改革
    (齋藤 敦子氏)
  18. vol.11
    中堅中小企業が今取り組むべきCRE戦略とは
    不動産の棚卸しから、
    事業継続、相続・承継問題まで
    (平川 茂氏)
  19. vol.10
    リノベーションによる耐震、省エネ、環境保全で
    企業価値の向上
    求められる多様なニーズに対応した
    オフィスビルのリノベーション
    (河向 昭氏)
  20. vol.09
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス・レポート
    クラウド化がもたらした加速する社会基盤。
    今の企業価値を考える。
  21. vol.08
    企業価値向上のカギとなる
    クラウド導入で進めるシステム改革
    顧客のビジネス価値を高める企業姿勢
    (保科 実氏)
  22. vol.07
    クラウドを利用した動産管理と企業価値の向上
    「e-Leasing」と「CRE@M」が目指すもの
    (長谷川 善貴氏)
  23. vol.06
    環境保全しながら
    経済合理性のある土地活用を
    (西村 実氏)
  24. vol.05
    不動産を流動化させて経営の劇的な改善を
    バイアウト投資市場からみた企業のCRE戦略
    (南黒沢 晃氏)
  25. vol.04
    現在において考えるべき
    リスクマネジメントとCRE戦略
    (渡部 弘之氏)
  26. vol.03
    企業の成長に欠かせないM&A戦略。
    CRE(企業不動産)の位置づけが重要に
    (大山 敬義氏)
  27. vol.02
    未来に向けたCRE戦略
    外部の専門企業との連携が鍵に
    (百嶋 徹氏)
  28. vol.01
    不動産市況が好転した今年こそ
    CRE戦略再スタートの元年に
    (土岐 好隆氏)