クラウドを利用した動産管理と企業価値の向上 「e-Leasing」と「CRE@M」が目指すもの

企業資産管理のノウハウをもつ企業がサービスを提供する意義

前田
 先ほど「プラチナ」をご紹介いただいた際に、システム導入ですべて解決できるわけではない、その前後のコンサルティングこそが大切なのだと、おっしゃられました。私どもの「CRE@M」でもその点を重視しており、両者の狙いは共通しているように思います。システムの運用一つとっても、「誰が責任をもって記帳するのか」という点が重要です。そのためにはコンサルティングを通して経営や現場の課題をあぶり出し、その改善のために一人ひとりが当事者意識をもって管理にあたるという風土を組織内に醸成していく必要があります。
長谷川
 私たちは、長年のリース業務を通して、お客様企業がモノを「買う→使う→捨てる」というサイクルをずっと見てきました。それぞれのサイクルにどのような課題があるのか、どうすれば課題を解決できるのかということについて当社ならではのノウハウを蓄積しています。「プラチナ」はそうしたノウハウを詰め込んだシステムではありますが、それが運用とマッチしなければ、企業価値の向上にはつながりません。システム導入によって、人々の意識を変え、結果的に全社最適のBPR(ビジネスプロセス・リエンジニアリング)につながるものでなくてはなりませんから、コンサルティングや十分な導入教育は不可欠のものだと考えています。「CRE@M」も「e-Leasing」も、ITベンダーではなく、専門の事業会社が提供している。だからこそ現場で使えるし、経営層にとってもわかりやすい、ということはあるのではないかと思います。
前田
 たしかに我々はともにITサービス企業ではないけれども、お客様にとっての企業資産管理とそれを戦略的な経営につなげていくという点では、それぞれ深い経験とノウハウを持っています。だからこそより実践的なコンサルティングやツール、サービスを提供できるのではと自負しています。
 本日は動産・不動産という扱う対象の違いを超えて、クラウドベースの資産管理ツールをどのように経営戦略に活かしていくかということについて、貴重な意見交換ができたと思います。ありがとうございました。

Profile

三菱UFJリース株式会社
e-ビジネス推進部長

長谷川 善貴

 同社に入社後、ファイナンス営業に数年間従事したのち、審査部、情報システム部、企画部等を歴任し、現在に至る。
 情報システム部門では、同社の基幹システムの設計デザインを担当。カーリース、不動産リース等のサブシステム構築も手掛け、企画部門ではM&Aや新事業・商品開発などに従事。手掛けた新事業・新商品は、ファイナンス事業から排出権事業や介護施設運営事業に至るまで幅広い。

バックナンバー

  1. vol.28
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2020-2021・レポート
    この時代だから
    見えてくる
    成長戦略とは
  2. vol.27
    コロナ禍は企業に何をもたらすか
    事業転換を模索し筋肉質に生まれ変わる
    (土橋 道章氏)
  3. vol.26
    未曾有のパンデミックで見えた
    新たな危機管理
    企業経営にとって対処すべき課題とリスク
    (佐山 展生氏)
  4. vol.25
    これからの不動産戦略に
    欠かすことのできないESG
    (堀江 隆一氏)
  5. vol.24
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2019-2020・レポート
    躍進か衰退か
    企業の成長力を考える
    今後求められる企業経営と不動産戦略
  6. vol.23
    「好き嫌い」から始める競争戦略
    成熟社会における企業価値とは何か
    (楠木 建氏)
  7. vol.22
    これからの成長戦略に向けた
    企業の体質改善
    (大工舎 宏氏)
  8. vol.21
    経営者視点で見る令和時代のM&A
    (岩口 敏史氏)
  9. vol.20
    新時代の事業承継
    進化のための受け継ぎ方
    (田中 歩氏)
  10. vol.19
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2018-2019・レポート
    今からの企業競争力を問う
    拠点機能の変化と不動産戦略
  11. vol.18
    モノからコトへ
    消費行動が変化するなか
    企業価値と不動産はどうあるべきか
    (ロバート・フェルドマン氏)
  12. vol.17
    新世代型都市開発と
    これからの企業オフィス戦略
    (谷澤 淳一氏)
  13. vol.16
    クリエイティブオフィス戦略で
    新たなイノベーションを
    働き方改革を「場」の視点から再構築
    創造性を促すワークプレイスのススメ
    (百嶋 徹氏)
  14. vol.15
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2017-2018・レポート
    2018年成長する企業の資質とは。
    企業体力強化に備える不動産戦略のポイント。
  15. vol.14
    変革の時代に日本企業の強みを生かす
    CRE戦略を通した「稼ぐ力」の向上
    今後10年の企業ビジョンとCRE戦略の重要性
    (冨山 和彦氏)
  16. vol.13
    企業価値向上のカギを握る
    CREプロフェッショナルの社内育成
    社内外の専門家のネットワークを最大限に活用する
    (村木 信爾氏)
  17. vol.12
    企業価値を高める
    CRE戦略の一環としての
    ワークプレイス改革
    (齋藤 敦子氏)
  18. vol.11
    中堅中小企業が今取り組むべきCRE戦略とは
    不動産の棚卸しから、
    事業継続、相続・承継問題まで
    (平川 茂氏)
  19. vol.10
    リノベーションによる耐震、省エネ、環境保全で
    企業価値の向上
    求められる多様なニーズに対応した
    オフィスビルのリノベーション
    (河向 昭氏)
  20. vol.09
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス・レポート
    クラウド化がもたらした加速する社会基盤。
    今の企業価値を考える。
  21. vol.08
    企業価値向上のカギとなる
    クラウド導入で進めるシステム改革
    顧客のビジネス価値を高める企業姿勢
    (保科 実氏)
  22. vol.07
    クラウドを利用した動産管理と企業価値の向上
    「e-Leasing」と「CRE@M」が目指すもの
    (長谷川 善貴氏)
  23. vol.06
    環境保全しながら
    経済合理性のある土地活用を
    (西村 実氏)
  24. vol.05
    不動産を流動化させて経営の劇的な改善を
    バイアウト投資市場からみた企業のCRE戦略
    (南黒沢 晃氏)
  25. vol.04
    現在において考えるべき
    リスクマネジメントとCRE戦略
    (渡部 弘之氏)
  26. vol.03
    企業の成長に欠かせないM&A戦略。
    CRE(企業不動産)の位置づけが重要に
    (大山 敬義氏)
  27. vol.02
    未来に向けたCRE戦略
    外部の専門企業との連携が鍵に
    (百嶋 徹氏)
  28. vol.01
    不動産市況が好転した今年こそ
    CRE戦略再スタートの元年に
    (土岐 好隆氏)