最新のオフィス事情から考える借りるニーズの多様性。

課題の明確化が移転の鍵を握る

──三菱地所リアルエステートサービスも5月に本社を移転されましたが、変わったと感じることありますか。

 移転前は480名の社員が4フロアに分かれていたため、お互いに顔も名前もわからないということがありました。今回の移転で1フロアに集約したおかげで社員同士のコミュニケーションが活発になったと感じています。以前は部署内のみで解決することが多かった課題も、他部署へ相談したり情報共有するケースが増え、風通しの良い環境になったと感じます。
小笠原
 移転前は固定された自席での業務が中心でしたが、新オフィスではフリーアドレス制の導入と、フリースペースを設置したことで、その時々の業務に合わせて働く環境を選べるようになりました。1人で集中したい作業は集中ブースで、反対に視野広く仕事をしたいときなどには、社内のカフェラウンジスペースでゆっくり考えながら仕事をする、なんてこともできるようになりました。固定された自席だけでなく、その時々に最適な空間を選べることで、業務における生産性の向上になっていくのではないかと感じています。
蓮山
 管理職としては、個室会議室を事前予約することなく、フリースペースを活用することで気軽に打ち合わせができたり、役員とのミ-ティングもすぐに行えることで、経営スピードを上げることにも役立っていると思います。またカフェラウンジやライブラリーに人が集まり、自然と情報交換が出来るようになりました。従来では顔を合わせなければ実現しにくかった賃貸と売買部署との協業案件が、ビジネスに繋がるケースも増えてきています。
小笠原
 私たちは、新オフィスをショールームとして位置づけており、移転を検討されている企業様にご覧いただけるような取り組みも行っています。オフィスを変えることの意義をより理解していただくための、我々の新しい営業ツールにもなっています。現在までに約1,000名の方々に来社いただいております。
蓮山
 新オフィスの見学では、移転ご担当者だけでなく、役員・経営層の方々に直接ご来社いただけるケースが増えています。やはり、経営層自らがオフィス移転を機に、働き方改革を行い、経営課題の解決を目指されている企業が増えてきていると感じています。

ビル営業一部 小笠原 啓史

──これから移転する企業に向けて伝えたい、移転に重要なポイントとはなんでしょうか。

小笠原
 一つめは、賃貸オフィスマーケットの動向は様々な要因で変化しますので、現時点や今後のマーケットを把握した上で、意思決定時期や移転のスケジュールを想定しておくことが重要となります。
 二つめは、オフィス移転に求める希望条件を具体的に設定し、移転で想定する年間賃料や移転工事費用などのコストシミュレーションを事前に行うことです。
 三つめは、希望にかなう条件の物件が出てきた際に、スピーディーな自社の意思決定ができる準備体制を整えることが重要となります。空室が少ないために、優良な募集物件に対しては多くの企業が入居検討を行うため、複数の入居検討企業が競合してしまうケースが増えてきているためです。

──今後移転する企業に向けて伝えたい、実際に移転を経験して感じたこととして、ポイントがあれば教えてください。

蓮山
 一つ目は、移転の目的を明確にすることです。会社の将来のビジョンや採用計画・事業計画に基づいて、どういったオフィスでどういう働き方をするのかを決定することが必要になります。二つ目は、現状のオフィスの課題を分析し、移転先の要件を具体的に決定することが重要だと考えています。三つ目は、移転するまでに、全社で移転の目的を共有し、意識改革することが必要です。経営トップだけでなく、社員まで浸透しないと移転しても働き方は変わりません。
 移転先のオフィスをお探しの企業様、将来的な移転を考えておられる企業様に対して総合的なサポートを提供いたします。オフィスに関してお困りのことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

Profile

三菱地所リアルエステートサービス
ビル営業二部 課長

蓮山 正志

2007年入社 賃貸仲介業務一筋。
オフィス戦略立案のサポートと賃貸仲介を行う。当社移転プロジェクトの移転事務局も経験。 モットーは「お客様のベストパートナーを目指して」

三菱地所リアルエステートサービス
ビル営業一部

小笠原 啓史

2010年入社 賃貸仲介業務一筋。
多くのオフィス移転業務以外にも、大規模なクリニック移転なども経験。モットーは「お客様にとって身近な存在となれる営業を!」

三菱地所リアルエステートサービス
ビル営業一部

柴 理沙子

2017年入社。
ベンチャー・スタートアップの企業を中心としてオフィス移転のご相談やサポート業務を行う。持ち前の笑顔でお客様と打ち解けるのが得意。モットーは「お客様にとってより良い提案を」

ワークプレイスの最適化はわたしたちにおまかせください。
新時代の働き方にフィットするワークプレイスの実現をサポートいたします。

バックナンバー
  1. vol.10
    駐車場から始まる街づくりの未来
    新会社「三菱地所パークス」が描く
    次世代の駐車場事業
    (三菱地所パークス コンサルティング本部
    平川 修一 / 荻田 健之
    三菱地所リアルエステートサービス
    経営企画部 富田 剛史)
  2. vol.09
    経年ビルを効率的にバリューアップ
    ビルが持つ個性を活かした付加価値により
    資産価値を最大化する「ビルプラス」
    (ビル受託営業部  ビルプラス営業課
    近藤一成 / 佐々木亮太 / 佐藤佑樹)
  3. vol.08
    理想のオフィスを実現するために。
    最適なソリューションをご提供する「Office Well」
    (ビル営業一部 カスタマーリレーションチーム  池田 顕治 / 長政 亮 / 東海林 翼)
  4. vol.07
    M&Aで活かす不動産
    投資助言部がご提案する
    M&Aソリューションの新たな活用手法
    (投資助言部 三好 実 / 小原 慎司)
  5. vol.05
    最新のオフィス事情から考える
    借りるニーズの多様性。
    (ビル営業部 蓮山 正志 / 小笠原 啓史 / 柴 理沙子)
  6. vol.04
    CRE戦略の最新事情。
    担当者の声から見えてくる
    企業価値の行方。
    (企業不動産部 大塚 裕一 / 齊藤 嘉久 / 手塚 優子)
  7. vol.03
    路線価から見る不動産動向。
    企業は動くべきか静観するべきか。
    (鑑定部 山中 英明/高垣 勇喜)
  8. vol.02
    働き方改革、働くことの意義や働きやすさを
    考える上で移転は改革推進のエンジンとなる。
    (本社移転プロジェクトメンバー)
  9. vol.01
    リアルな現場キックオフ!
    お客様へのトータルソリューションの体現
    (代表取締役社長 田島 穣)