《 社員を知る4 》

受託営業業務担当

番場 彬朗

将来まで見据えたオフィスビル運営の最適化を提案
苦労が信頼や結果となって実を結ぶ仕事

オフィスビルの賃貸運営・管理の受託を目指して営業

受託営業とは、オフィスビルや賃貸マンションのオーナー様に対して、当社に賃貸運営・管理を任せていただくために働きかけるという業務です。既存物件の賃貸運営・管理の受託だけでなく、オーナー様から土地の有効活用の提案を求められれば、マーケット調査を行い、立地に応じた最適なオフィスビルやマンションなどを企画提案し、そこから物件受託につなげていくこともあります。

私の主な担当は、オフィスビルの受託業務です。中小規模のビルをターゲットに、富裕層の個人や法人のオーナー様に対して、提案営業を行っています。オーナー様との接点は社内やグループ会社などからの紹介や、ビル経営に活用できる情報を提供するセミナーの開催でつながった方々が中心です。最初はビル経営でお困りのことなどが無いかを伺い、その後、具体的にリーシングやテナント運営、建物管理や修繕工事といった要素をヒアリングし、提案に発展させていきます。

当然、オーナー様によって要望も異なります。テナントがなかなか決まらない、入居テナントとのリレーションの構築方法や管理仕様・コストの精査など、お話をするなかで管理側に求められているニーズを汲み取り、提案を行います。当社に任せていただくことで新たなメリットが生まれるよう内容を吟味し、それをしっかりとお伝えするように心がけています。

将来の建て替えや有効活用も視野に提案

ポートレイト

最初はよく、オーナー様から「中小規模の物件管理もされるのですか?」、「コストが高くなるのでは?」といったお話をいただきます。社名に「三菱地所」とあるので、都心の最新かつ超大型オフィスビルを扱う印象が強いのでしょう。しかし、当社は都心5区の中小規模のオフィスビルを中心に管理を行っていること、サービス提供価値に見合ったコスト感であることをお伝えします。

直近で受託できたオフィスビルは、競合他社がいるコンペ案件でした。オーナー様が自ら管理されていたビルで、テナント様とのコミュニケーションが盛んで、テナント様を非常に大切になさるオーナー様の物件でした。競合する会社はオーナー様とつながりが深い会社。我々は、オーナー様のお考えを引き継ぐとともに、当社の付加価値として、リーシングや運営・管理だけでなく、将来を見据えた提案も含めた強みを示しました。築年数の経ったビルだったので、近い将来に建て替えの可能性があること、そのときに当社に任せていただくことで選択肢が広がることをアピールし、結果受注できました。競合の会社との差を、オーナー様は冷静に判断してくださったようです。

このように、リーシングや運営・管理だけでなく、築年数によっては建て替えや、あるいはオーナー様から所有資産を入れ替えたいというような相談も出てきます。それらすべてに対応できることが当社の強みです。日々の業務だけでなく、オーナー様の資産価値最大化や、テナント様の満足度向上、社会的視点にたった建物の遵法性確保など大きな視点を持って賃貸運営・管理を行えるよう、日々の仕事に取り組んでいます。

努力が実を結ぶやりがい。より多くのオフィスビル運営に携わりたい

この仕事のやりがいは、努力が結果に結びつくことです。オーナー様から選ばれるのは当然1社だけ。複数社の中から選んでもらえると、会社としての強みがあることは当然として、自分も選んでいただけたようで嬉しく感じます。

そんな中、当社を選んで頂く理由の一つとして考えられるのがリーシングの実績です。当社で管理しているオフィスビルの直近での稼働率は99%にも上ります。受託実績が増えると、提案時に「同じエリアのあのビルも管理しています」といった話もでき、より説得力が増します。実績が実績を呼ぶ良い流れを作っていきたいと思っています。

現在、オフィスビル市況は良好で、空室が埋まりやすい状況ですが、市況には波がありますし、物件自体も経年劣化します。適切な賃貸運営・管理がされていないといずれテナント様から選ばれなくなり、マーケットアウトしてしまいます。当社が介在することで、オフィスビルが適切に賃貸運営・管理されることや建て替えなど有効に活用される状況を作り出していきたいと思っています。そのためにも、より多くのオフィスビルの賃貸運営に携われるよう努力を続けていく決意です。

プロフィールカット

番場 彬朗 Profile
2007年入社。経済学部卒。多岐にわたる事業を手がけている点に魅力に感じて入社。入社後は、オフィス・賃貸住宅の受託営業や賃貸住宅のリーシングなど賃貸の領域でキャリアを積む。賃貸住宅のリーシングでは現場事務所の所長として、261戸の大型賃貸マンションを満室稼働させた経験も持つ。