はじめに

もういくつ寝るとお正月、なんて待ち遠しく思ったのは、遥か昔の子ども時代。いまや大人に限らず子どもでも、お正月を待ち遠しく思うことは少なくなったのではないだろうか。日々の忙しさに紛れて、新年を迎える準備もそこそこに、年が明けても、おせちやお屠蘇をいただいたり、初詣に行くぐらいで、正月らしいのは元日だけ。三が日を、お獅子を迎えたり、琴を奏でたり、書初めをしたり、といった純日本的なお正月を過ごす機会が減ったからかもしれない。

それでも、そんなお正月を過ごせる機会があったら、と思うこともあるはず。そんなときに、気軽にお正月気分で過ごすのにぴったりの場所が博物館や美術館だ。博物館や美術館の年始早くからの開館はこの数年、着実に増えており、特に三が日のうちから開館している博物館・美術館ではより日本的なお正月を過ごせる、さまざまな催し物を開いているところが多いようだ。

今回は趣向をかえて、特集として年のはじめに訪れてみたい、4つの博物館・美術館をご紹介する。

江戸の粋を感じる博物館

『博物館に初もうで2017』東京国立博物館(上野)


東京国立博物館 正門 お正月いけばな(2014) (撮影:チバヒデトシ)

お正月に開館している博物館の代名詞といえば、やはり「トーハク」こと『東京国立博物館』だろう。同館では2004年から正月の人気企画として『博物館に初もうで』を行っており、2017年も1月2日(月)からさまざまな催し物が開かれる。正門や本館玄関、本館エントランスには華やかに「いけばな」が飾られ、本館、東洋館、表慶館に囲まれた普段は静かな時を刻んでいる広場には、和太鼓が鳴り響き、獅子舞が賑やかにお正月気分を盛り上げるのだ。


東京国立博物館『博物館に初もうで2014』より(撮影:チバヒデトシ)

お正月を感じられるのは催し物だけではない。展示室では新春らしく、国宝や重要文化財などのとっておきの名品が特別公開される。2017年は長谷川等伯の国宝「松林図屏風」などが公開される。恒例となっているのは干支にちなんだ作品を展示する特集展示も楽しみだ。2017年は干支である酉(とり)にちなみ、「特集 博物館に初もうで。新年を寿ぐ鳥たち」と題し、2017年の鶏をモチーフにした「暁の鳥」、人間の豊かな想像力が生み出した鳳凰などの瑞鳥(ずいちょう)を表現した「祝の鳥」の2つのテーマで鳥を表した美術工芸品を展示する。この他、お正月を感じられる、富士山や梅鶯といった「吉祥」をモチーフとした作品の数々も展示される。


本館2室(国宝室)に展示された長谷川等伯の「松林図屏風」

同館の収蔵品を中心とした文化財デジタルアーカイブをVR技術で可視化し、300インチ大型スクリーンに超高精細の4K映像で映し出す「東洋館ミュージアムシアター」での映像作品も見逃せない。2日・3日(火)の2日間にはVR作品「江戸城の天守(仮)」が無料上演される。徳川家光によってつくられた史上最大にして、明暦の大火で焼失した江戸城最後の天守がいったいどんな姿をし、どのようにつくられたのかに迫る映像作品だ。

最新の映像技術で江戸城の姿に触れたら、ぜひ、トーハクに隣接する徳川家の菩提寺である「寛永寺根本中堂特別参拝」へ。根本中堂、徳川歴代将軍の肖像画や四天王像、十二神将像が公開される。その他、東京国立博物館のある上野恩賜公園内やその周辺には、上野東照宮や湯島天神、谷中七福神といった寺社も多く、初詣のあとで博物館をたずねるには最適の場所といえる。伝統と最先端に触れられるのはトーハクの醍醐味だ。

東京国立博物館http://www.tnm.jp

『えどはくでお正月! 2017』江戸東京博物館(両国)


江戸東京博物館

江戸の初春を感じるのにもっとも相応しい博物館と言えば、やっぱり「「えどはく」の愛称で知られる『江戸東京博物館』だろう。同館の最大の特徴は、日本橋をはじめ、芝居小屋の中村座、江戸庶民の暮らしを垣間見られる「棟割長屋(むねわりながや)」など、実物大で復元した江戸の姿が体感できるところだ。これらを展示した常設展示室に足を踏み入れれば、正月早々、江戸時代にタイムスリップできる。


常設展示室の実物大の芝居小屋・中村座(撮影:チバヒデトシ)

例年、江戸東京博物館は1月2日から開館し、新春の催し物が開かれる『えどはくでお正月!』がはじまる。江戸の町の中にいるような常設展示室では、江戸時代の伝統技術の粋であるからくり人形「夢からくり」が芝居小屋・中村座前で実演されたり、獅子舞や箏の演奏があちこちで披露されたりと、いっそうお正月気分を盛り上げる。2日・3日の2日間はこの常設展示室の入場が無料となるのも嬉しい。また、ミュージアム・ラボでは子どもから大人までを対象とした「書初め体験」が4日(水)に行われる。


夢からくり「弓射り武者人形」

お正月のイベントとして、寄席が開かれ、初笑いを楽しめる博物館は多く、楽しみのひとつだが、ここ江戸東京博物館で1月7日(土)~9日(月・祝)に行われる「正月寄席」は、お正月にちなんだおめでたい内容の落語と色物が中村座前で披露される。江戸の町民になった気分で楽しめるのが他ではない体験と言える。

特別展示室では100年におよぶ戦国時代を網羅し、歴史ファン必見の展覧会として注目されている、特別展「戦国時代展 -A Century of Dreams-」が開催中だ。年のはじめに、戦国の世を生きた武将たちの生き様に触れてみるのもいい。また、企画展示室では企画展「徳川将軍家の婚礼」が開催。篤姫の婚礼の際に作られた唐織油単(からおりゆたん)が初公開される。

江戸東京博物館のある両国は国技大相撲が行われる両国国技館もあり、東京スカイツリーや浅草寺からも近い。2016年11月にオープンしたばかりで注目されている「すみだ北斎美術館」は徒歩数分のところにあり、江戸の下町風情を感じることができそうだ。

江戸東京博物館http://www.edo-tokyo-museum.or.jp
「えどはくでお正月!2017」のお知らせhttps://www.edo-tokyo-museum.or.jp/news/other-news/