• スペシャリストの智
  • リアルな現場
  • The Watch
  • オフィスジャーナル
  • 不動産の税金ガイドブック
  • APPRAISAL NEWS
  • 空室率レポート

クラウドを利用した動産管理と企業価値の向上 「e-Leasing」と「CRE@M」が目指すもの

単なるコスト削減を超え、資産の「見える化」を 経営戦略に活かしていく発想

前田
 たしかに、会計や経理の部署にとっては、資産が一元的に管理されることで減価償却処理や決算書類の作成はやりやすくなるし、経営にとっても資産の「見える化」が進むのはよいことですが、一つひとつの物件の状態を記帳するのは現場ですからね。現場にとってもメリットがないとモチベーションは高まりませんものね。
長谷川
 「プラチナ」では機能の一つとして償却計算機能を提供したこともあるのですが、管理手法が経理や会計目線にあまりにも寄りすぎてしまうと、現場部門の管理ニーズとの齟齬が生じてしまいます。決算のためと言われても、現場にとっては遠い話ですからね。そうではなく、資産データを管理することは、現場の業務をよりスムーズにするためにも不可欠なことですし、システムは現場にも役立つものだという位置づけを理解していただくことが重要でした。
 実際、「プラチナ」を導入することで、生産終了後も一定年限の保管を義務づけられている金型について、所在や稼働状況の管理業務がスムーズになったという製造業のお客様がいらっしゃいます。また、工場が水災に合われた際、システムに資産台帳のデータを整備されていたことから、損害保険の請求がスムーズに行えたという報告も伺っています。
前田
 実は「CRE@M」も、2011年の東日本大震災をきっかけに導入を検討されるお客様が増えたということがあります。万一、事故や災害が発生した場合でも、資産管理さえしっかりしていれば迅速な復旧が可能です。まさにBCP的な観点からも、両者の資産管理システムは有効であると思いますね。
 ところで、「プラチナ」導入による資産管理コストの低減ということでは、何か数字をお持ちですか。
長谷川
 これはお客様、特に経営層の方々にもよく聞かれることです。ただ、私たちはこのシステムを必ずしもコスト削減のためだけのツールとは位置づけていないのです。実際、このシステムで機械のメンテナンスの過不足状況がわかったとしても、それが管理コストにどう反映しているのかは数字的にはわかりにくい。ですから、コスト削減には役立つけれども、より重要なのは管理業務に関する満足度の向上だと、私たちは考えています。資産管理の「見える化」によって、資産を動的に管理する意識を高めることが、経営的には大切ではないか、という考えに至りました。

前田
 そのお考えは私どもの「CRE@M」でも全く同じです。不動産の状況をたえず「見える化」しておくことではじめて、積極的なCRE戦略が講じられると考えています。
長谷川
 管理の最適化・効率化というのはどこかでトップダウンでやらなければならないものです。しかし、実際に資産がどう管理されているかというデータの整備や、全体の把握がされていないまま全社を一元管理しようとすると、現場が困ってしまいます。経営にとっても現場にとってもこのシステムを使って「見える化」を進めることが大切なのです。
前田
 「プラチナ」はたえずバージョンアップを続けられているようですが、資産管理ツールは、テクノロジーの進歩を取り入れることで、これからはどんな形に変わっていくとお考えですか。
長谷川
 例えば一つひとつの物件にQRコードを貼り付け、それをスマートフォンで読み取ることで物件がどの製造ラインで使われ、どの倉庫に保管されているのかがすぐにわかるような機能があります。将来的には送信機能をもつ小さなICチップを物件につけることで、自動的に位置情報が把握できるというような技術も不可能ではないと考えています。
前田
 なるほど物理的に紛失してしまう可能性がある動産を管理するうえでは必要な技術であり、優れた発想だと思います。

バックナンバー

  1. vol.16
    クリエイティブオフィス戦略で
    新たなイノベーションを
    働き方改革を「場」の視点から再構築
    創造性を促すワークプレイスのススメ
    (百嶋 徹氏)
  2. vol.15
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス2017-2018・レポート
    2018年成長する企業の資質とは。
    企業体力強化に備える不動産戦略のポイント。
  3. vol.14
    変革の時代に日本企業の強みを生かす
    CRE戦略を通した「稼ぐ力」の向上
    今後10年の企業ビジョンとCRE戦略の重要性
    (冨山 和彦氏)
  4. vol.13
    企業価値向上のカギを握る
    CREプロフェッショナルの社内育成
    社内外の専門家のネットワークを最大限に活用する
    (村木 信爾氏)
  5. vol.12
    企業価値を高める
    CRE戦略の一環としての
    ワークプレイス改革
    (齋藤 敦子氏)
  6. vol.11
    中堅中小企業が今取り組むべきCRE戦略とは
    不動産の棚卸しから、
    事業継続、相続・承継問題まで
    (平川 茂氏)
  7. vol.10
    リノベーションによる耐震、省エネ、環境保全で
    企業価値の向上
    求められる多様なニーズに対応した
    オフィスビルのリノベーション
    (河向 昭氏)
  8. vol.09
    スペシャリストの智
    CREカンファレンス・レポート
    クラウド化がもたらした加速する社会基盤。
    今の企業価値を考える。
  9. vol.08
    企業価値向上のカギとなる
    クラウド導入で進めるシステム改革
    顧客のビジネス価値を高める企業姿勢
    (保科 実氏)
  10. vol.07
    クラウドを利用した動産管理と企業価値の向上
    「e-Leasing」と「CRE@M」が目指すもの
    (長谷川 善貴氏)
  11. vol.06
    環境保全しながら
    経済合理性のある土地活用を
    (西村 実氏)
  12. vol.05
    不動産を流動化させて経営の劇的な改善を
    バイアウト投資市場からみた企業のCRE戦略
    (南黒沢 晃氏)
  13. vol.04
    現在において考えるべき
    リスクマネジメントとCRE戦略
    (渡部 弘之氏)
  14. vol.03
    企業の成長に欠かせないM&A戦略。
    CRE(企業不動産)の位置づけが重要に
    (大山 敬義氏)
  15. vol.02
    未来に向けたCRE戦略
    外部の専門企業との連携が鍵に
    (百嶋 徹氏)
  16. vol.01
    不動産市況が好転した今年こそ
    CRE戦略再スタートの元年に
    (土岐 好隆氏)