当社がご提供する、総合的な不動産賃借仲介サービス。将来の営業戦略に応じた移転計画策定・物件選定・契約実行まで、きめ細やかなコンサルティングでサポートいたします。オフィス賃借仲介では、豊富な情報の中から最適な物件をご提案することで、企業価値の向上をめざします。一方、近年需要の高まりを見せている物流施設の仲介においては、高度な専門知識を有するスタッフが物流施設の賃貸借・売買仲介と物流施設への遊休不動産活用サポートを行い、最適なソリューションをご提供いたします。

物流施設に特化した専門チームがご提供する、
物流不動産の仲介・活用コンサルティング。

近年、効率性・採算性からも物流の重要性はますます高まっています。特に物流施設の形態に関しては、通販業態の躍進などに代表される、スピード感やエリアポイントを考慮する必然性が増し、それに伴って物流施設の不動産賃借にも変化が見られます。すなわち、物流に関する専門的な知識やノウハウが必要な物流施設の不動産取引においても、仲介サービスを活用するなど幅広い情報収集と外部リソースの活用が求められる時代であると言えます。私たちは、公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会認定資格である「物流技術管理士」を取得したスタッフを中心に専門チームを結成し、物流不動産に特化したソリューションをご提供することが可能です。
たとえば、お持ちの物流施設の賃貸・売却をお考えのオーナー様と、物流拠点の新設・移転などに伴う賃借・購入をご希望であるメーカーなどの企業様、その双方のご要望をお伺いし、的確な情報提供を通じて物流施設の仲介を速やかに実行いたします。さらに、物流適地にもかかわらず遊休地のままとなっている不動産をお持ちのオーナー様へ、物流施設としての活用などもご提案いたします。

Service Point

物流技術管理士資格を取得したスタッフを中心に、物流オペレーションの特性に配慮したご提案が可能です。

お客様の商流をも念頭において、荷物の種類、荷姿、入出荷の状況、庫内作業、温度管理など物流施設の仕様に係る事項から、BCP対応やコンプライアンスの遵守、さらには雇用確保に係る事項まで配慮した提案を行います。

物流施設の賃貸借から売買まで、全国主要都市にわたってワンストップでのサポートをいたします。

全国主要都市の物流不動産を網羅しているため、幅広いエリアにわたるSCM(サプライチェーンマネジメント)戦略において一括したご提案が可能です。また、設備の規模、運営期間、エリアによっては、賃借に比べて購入の場合がメリットを見込めるケースも少なくありません。特別に編成されたスタッフは、不動産賃貸借仲介のみならず、売買仲介についても柔軟に対応し、三菱地所グループの幅広いネットワークを活かしてお客様の速やかな物流拠点確保を実現します。

不動産サービス会社ならではの中立的視点を活かしつつ、幅広い業種・業態から物件のご紹介が可能です。

最新のマルチテナント型物流施設や物流会社様の外部貸し施設、異業種の空き倉庫など幅広い物件を速やかにご紹介することが可能です。物流業務の受託を目的としない中立的な不動産コンサルタントとして、お客様の物流戦略に適した不動産の情報を常に客観的な視点でご提供いたします。

物流不動産仲介におけるソリューションの一例

物流不動産仲介におけるソリューションについて、三菱地所リアルエステートサービスが実際に携わったケースを交えてご紹介いたします。

物流会社様とオーナー様との仲介に加えて、荷主様とも直接折衝を行う例をご紹介します。

荷主様から物流業務を受託した大手物流会社様と、大型物流施設のオーナー様との賃貸借契約を実現するケースです。一般的な不動産仲介の場合、この当事者間に立って交渉を進めますが、私たちは物流会社様の依頼があれば荷主様とも直接折衝するなど、拠点確保のサポートを行うことができます。

物流拠点を保有するメーカー様に対して、季節限定のスポット利用を行う
異業種テナント様を誘致するケースのご紹介です。

たとえば、自社で物流拠点を構える飲料メーカー様が、同業テナントの誘致を模索していたところ、タイミングが合わずプロジェクトは難航。そこで私たちが、物流拠点をお探しの穀物商社様をご紹介。この2社が異業種であるからこそ発生する季節波動の違いを利用し、施設を一定期間お貸しするご提案が可能です。メーカー様に代わり、異業種の垣根を越えてスムーズなテナント誘致を実現するケースとなります。

物流施設の移転に伴って発生した、不動産の売買、有効活用をワンストップでサポートする提案のご紹介です。

自社保有の土地に拠点を構える物流会社様が、より物流効率の良いエリアに移転を考える際、私たちは新拠点への賃借仲介はもちろん、旧拠点の効率的な活用方法もご提案いたします。旧拠点物流施設に対する活用として、他の物流会社への賃貸や売却、マンション建築を計画中のデベロッパーに更地として売却、土地を自社保有したまま別用途の物件の新築など、幅広い提案が可能です。
※自社保有として活用する場合は、その後の建物管理(プロパティマネジメント)までを含めた複合的なご提案もいたします。

物流不動産の仲介・活用業務のワークフロー

新拠点をお探しの企業様

現拠点をお貸ししたい企業様

※所有土地を有効活用して物流施設を新築、賃貸する場合もお手伝いいたします。

物流施設仲介について詳しくは、
お電話またはメールにてお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせはこちら