管理機能

散在する不動産関係書類をデータベース化する「一元管理機能」と、
売買計画などの状況を視覚化してシェアできる「プロジェクト管理機能」の画期的な特長をご紹介します。


プロジェクト管理機能について

不動産情報の一元管理

これまでは担当者や物件ごとに点在していた不動産関連情報を「CRE@M」のデータベースに登録することで、体系的に整理することができます。項目ごとにデータを抽出し、ポートフォリオ分析やレポート作成にも対応します。

地図と連動した不動産基本情報の管理

所在地・面積・写真・都市計画といった「不動産基本情報」をシステムに登録し、項目ごとに体系立てた管理が可能です。地図機能にはグーグル・マップを搭載し、不動産の位置関係を視覚的に把握できます。

主な項目

  • 不動産基本情報
  • 固定資産税評価額
  • 工事リスト
  • 路線価/公示/基準地価
  • リスク情報
  • ファシリティコスト
  • 簿価
  • プロパティマネジメント
  • 査定額/鑑定評価額
  • 予算収支

賃貸借契約情報の管理

テナント名・賃料・契約期間などの賃貸借契約情報を不動産ごとにまとめて管理し、テナントのマネジメントをサポートします。また、アラート機能により契約の更新漏れ等のリスクを未然に防ぐことができます。

電子書庫

紙ベースでは膨大な量となる謄本・公図・建物図面・賃貸借契約書などの資料を電子化し、体系的に整理。必要な資料を即座に閲覧可能です。PDF、Word、Excelなど、ファイルの種類を問いません。

ポートフォリオ機能

個々の不動産情報をさまざまな切り口から切り出して検索・一覧表示することが可能です。異常値の発見や、不動産情報の効果的な可視化をサポートします。

プロジェクトの進捗管理

不動産の売却計画などのプロジェクトにおいて、その進捗を俯瞰して管理することができる機能です。また、プロジェクトメンバー間の情報共有をスムーズに実現する掲示板機能も充実しています。

スケジュール管理機能

プロジェクトの進捗管理をさまざまな機能でサポートします。たとえば、プロジェクトの概要やスケジュール、参加メンバーなどを確認できる「プロジェクト管理機能」をはじめ、現在の状況を視覚的に把握できるチャート機能も搭載。プロジェクト全体のスケジュールから個別の物件まで、トータルに管理することができます。

トピックス(掲示板機能)

これまではメールなどに依存していたメンバー間の情報共有をより簡単に、より確実に。履歴を残すことで伝達漏れや確認ミスを防止し、コミュニケーションに費やす時間を大幅に削減できます。

ユーザーサポート機能

物件の一括登録機能や報告書作成機能、アクセス権の設定機能など、「CRE@M」の便利な機能をご紹介します。

物件の一括登録機能

Excelを使用し、物件関連情報の一括登録が可能です。具体的には、登録したい項目のExcelシートを「CRE@M」からダウンロードし、そこへ追加したい物件情報を入力。それを「CRE@M」へインポートすることで、情報の更新・登録作業を簡単に行うことができます。

レポート機能

データベースから一覧表を抽出し、各社の仕様に対応したレポートを効率的に作成します。たとえば、システムに登録された項目を自由に組み合わせ、Excelなどに出力できます。

利用者ごとの権限設定機能

利用者ごとに、情報へのアクセス権を設定できます。たとえば、職域によってアクセスできるシステムの範囲を限定したり、社外のプロジェクトメンバーには非公開の項目を設定したりすることで情報漏洩のリスクを回避することができます。