沿革

1972年 12月 三菱地所株式会社の住宅販売部門を担当するため、同社の全額出資により資本金3億円にて発足
本社/東京、支店/大阪(現:関西支店)
1973年 5月 宅地建物取引業者免許取得
8月 社団法人不動産協会(現:一般社団法人不動産協会)加入
1974年 4月 札幌営業所(現:札幌支店)開設
7月 仙台営業所(現:東北支店)開設
名古屋営業所(現:名古屋支店)開設
1975年 10月 仲介業務開始
12月 社団法人不動産センター(現:一般社団法人不動産流通経営協会)加入
1976年 11月 仲介業務協力店設置
1980年 2月 不動産流通部門(現:流通事業グループ)開設
1981年 10月 広島営業所(現:中国支店)開設
横浜店(現:横浜支店)開設
1982年 4月 不動産流通部門に法人課(現:流通事業グループ)開設
1987年 5月 リース事業部(現:賃貸事業グループ)開設
10月 福岡営業所(現:九州支店)開設
1989年 6月 不動産鑑定業者登録
1992年 11月 泉中央店(現:泉店)開設
2005年 4月 信託受益権販売業者登録
2007年 4月 三菱地所住宅販売(株)から
三菱地所リアルエステートサービス(株)へ商号変更
9月 金融商品取引法施行に伴い、第二種金融商取引業務開始
2011年 1月 住宅営業本部を分割し、三菱地所レジデンス(株)に統合
4月 鑑定室(現:鑑定部)開設
2012年 4月 パーキング事業部開設
2013年 3月 三菱地所ハウスネット(株)を完全子会社化
2015年 1月 三菱地所投資顧問(株)鑑定調査部を鑑定室(現:鑑定部)に統合
11月 事業ブランド Value Bridge 導入
2016年 1月 投資助言部開設
4月 投資助言・代理業登録を行い、投資助言業務開始
2017年 4月 横浜営業部を横浜支店へ昇格